それも介護と言って良いのか?中学の医院通い

お父さんが脳卒中で倒れたのは、49歳の時でした。あたしは中学生2年生、14歳でした。お父さんは倒れてあっという間には生死の境をさまよい、入院は長期に及びました。建物からお父さんの入院先までJRを乗り継いで1日数限り掛かりました。

休日なく通っていた夫人でしたが、3ヶ月くらいで疲れてきたのか、あたしにウィーク一括付き添いを代わってくれないかと話しました。行ってくれるなら、給料を出すと指し示す。

売値は一括の付き添いにつき、当時の中学校には破格の5千円だ。あたしは給料に惹かれて受け継ぎました。40歳まわりも昔のことなので、土産ずれもあるかも知れませんが、病院ではそんなにやることもありませんでした。

食事を食べる救援とか、歯みがきをさせるなどはやった記憶があります。尿瓶の小水を投げ捨てる、などもやりました。大便の状態が出来なかったことも、はっきり覚えています。今にして思えば、夫人は毎日お父さんの格好を見て置きたかったのでしょう。

当時から病院は最良看護でしたから、何もあたしに大きい小遣いを払ってまで行かせることも無かったのです。ただウィークに一括も通ったため、あたしはお父さんに慣れて行きました。

お父さんは脳卒中の後遺症で右手半身に麻痺が残り、言葉バリアもありました。お父さんが変わってしまったため、世帯概要が暗く沈んでいました。人員のお父さんが倒れたため、日々への不安もありました。

お父さんの容貌に慣れたあたしは、当然のこととしてそれをとらえるようになりました。多少の変化はあっても私のお父さんは一人だけなのですから、受け止めざるを得ないのですが、何もしないよりはスムーズに受け止められたのではないか、と思います。

中学校の児童のやったことでどれだけ夫人の憂慮が何気なくなったのか、クエスチョンに思う店頭がありますが、お父さんの入院先に通った事実はあたしにおいて微笑ましいものです。小遣いも嬉しかったです。

お父さんは平成15歳に73歳で無くなりました。中学校だったあたしは現下52歳だ。これが介護と言えるのかどうにか、と言ったところですが、女性の事象ダイアログとして聞いて頂ければというおもいます。参照ページ

それも介護と言って良いのか?中学の医院通い